×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

総量規制 限度額 超えた 借りられない

総量規制と限度額は超えてしまったら、借りられない

消費者金融の借入金額は、その方の収入に応じて変わります。

年収の3分の一が総量規制の範囲内で、多重債務者でも限定的です。
ですから、今日中に10万円がほしいと思っても、限度額をはみ出したキャッシングをすることはできません。
中小消費者金融では、ここは審査が甘いよというところもあります。
しかし、ここでもその方の総量規制をはみ出したキャッシングには対応していません。

 

しかし、大手消費者金融の審査落ちの方で、中小消費者金融で借りられることがあります。
これは限度額ではなく、債務整理後すぐで大手消費者金融の審査落ちになったり、一応総量規制の範囲内の多重債務者だけど、もう限界と決められた方です。
中小消費者金融でも総量規制は守ったキャッシングしかしていないようです。
ですから、10万円がほしいけれど、総量規制が大きく関係して、借入れができない状態になってしまうことはよくあるパターンです。
最初に申し込んだ収入が有効になりますから、気をつけなければならないのです。

 

総量規制対象外の銀行カードローンの場合は、その方に応じた限度額が設定されています。
その範囲内の借入れは一応はできますが、多重債務者になっている(他の消費者金融や銀行カードローンの借入れがある)場合には、限度額範囲内であったとしても、借入れができないことが多いです。
インターネットやATMでは受付できませんと言われてしまうのです。

このような場合、ブラックリストでもOKの金融業者もいます。
ここでは、限度額を超えていたとしても借入れができる可能性は高いのですが、それはそうです。
闇金だからです。
総量規制も限度額も無関係も法律を適用していない組織ですから、自由に借入れができます。
その変わり、利息も法律無関係です。
10万円の借入れでは、最終的に100万円近い返済を迫られることになります。

 

大手消費者金融系、中小消費者金融系、銀行系でもない、闇金系の金融業者では、自由に借入れができる変わりに、返済は無法であり、無鉄砲です。
中小消費者金融で、断られた時点で、もう借入れができるところは皆無だと観念することです。
どうしても必要なお金だとしても、その状態ではどこも貸してくれないと判断するしかないのです。

 

返済のための10万円なら、債務整理をして、そのお金をすぐに支払わなくても良くすることが必要です。
それをすることが先決です、それ以外しかないともいえます。

関連ページ

専業主婦も今日中に10万円は可能
お金を借りる時に仕事をしていない人はどうするの?無職や専業主婦は、借りることができないかというと、銀行系カードローンは、今日中の10万円が可能です。それもネット銀行などでは、自宅で数時間の審査で借入れができます。
今日中の10万円は、本当に必要なのか?
消費者金融でも銀行系カードローンでも、10万円を今日中に借りることは簡単です。インターネットでも、電話でも、銀行でも申込をして審査をしてもらえば、即入金されるシステムになっています。消費者金融などは少し怖いと感じられる方も、申込が簡単で、すぐに入金される事実にあまりにもあっさりしていて、こんなに簡単で良いの?と思ってしまう程です。
闇金は絶対にダメ
大手消費者金融での審査は毎回落ちて、中小消費者金融でやっとお金を借りる事ができました。これはよくある話です。大手消費者金融よりも審査の甘い中小消費者金融なら、総量規制範囲内であれば、所得証明などの提出書類が揃って在籍確認が取れれば、お金を貸しくれます。